土佐の”寅さん”と異名を持つ。 四万十市の間(はざま)で生まれた事から芸名は、姓を間(はざま)と名乗り、名の六口(むくち)は、6つ口があるくらいお喋りがしたいとの思いから、命名したと言われる。若い頃から、調子のいい7・5調(ひちごちょう)にあこがれ、立て板に水の如く喋る話芸が聞き物。外郎売り、バナナの叩き売り、六魔など技芸の多さと、その技芸の力はプロに迫る。四国四万十市は元より、遠くは、東京葛飾柴又や新潟、岐阜、大阪、佐賀、の各地でも大活躍。又、進行表を持たずに、結婚披露宴の司会をしたり、歌謡ステージの短いイントロに合ったナレーションを入れる異色の司会者でもある。

お笑い大道芸
体験講座資料

2018/6/24
新聞「ニッキン」
2017/11/17発行
NHK「おはよう日本」
(2017/4/7)
「はたも〜ら」
2015年1月発行
毎日新聞
2015/2/11発行
H26年度高知県環境功労賞
の受賞
(2014/11/26)
ふれあいの里出演
2014/1/29
はたフェス2012 in 四万十
2012/9/15
弁天座落語会で司会
2011/5/28
大道易学六魔 寅さん記念館
バナナの叩き売り